森の落し物。。。

冬に向かって自然から大地にぽとぽと落ちてくる

来年の春にまた会おうねと木の実や木の芽がかくれんぼしているみたいに

命をつなぐかわいい植物たちを子どもたちが大切ににぎりしめてポケットに大事に大事につめこんで。。。

その自然物や毛糸を使って“森の日アート”の制作をしました。

“この色がいい”“つぎはこれにする”と自分で気に入った色を選んでいく子どもたち。

色合いや好みがその子っぽい色で個性が出ておもしろい!!

 

「うえーーしたーー」毛糸を輪っかにくるくるまいていく

よーくみて糸がくるくる通っていくのが面白くて真剣な顔、出来た時の嬉しそうな顔がいっぱいみられました。

「くるーくるーー」美桜ちゃんも妃咲も嬉しそうに上からしたに毛糸を通します。

歩武くんもみんながやっているのを見て上から毛糸をぽいぽい入れていきます。

 

最初から最後まで集中してどんどんやって素敵なリースが出来上がったのは柚花ちゃん!!

沢山の毛糸や木の実にわくわくが止まらない(笑)

それを見てみんなもどんどんやりたくなってまねっこしてまた戻ってきて作り出す鈴ちゃんや遊んでいた宗杜くん。

きらちゃんはさいごまでみんなが作っているのを見て最後までこのぽんぽんの飾りをつけたい

ひろとくんはどんぐりや実をたくさんつけたくていっぱいつけて

鈴ちゃんは「なにしてるのー?」と柚花ちゃんがみんなに自分のリースを見せに行ったので遊んでいたけど戻ってきてまた作り始めて、それぞれ素敵なリースがその子のペースでやりたい気持ちいっぱいできました。

輪っかに毛糸を通してひっぱるやり方が面白くてゆうあちゃんとみつるくんが一緒に長い毛糸と格闘して大笑いヾ(≧▽≦)ノ

ほしぐみさんは上から通すのまでがわかりぽいぽい入れるのが楽しい♪

たいようさんは“上からいれて下からひっぱる”のがわかりみつるくん「ここ持ってて」と手伝ってもらいたいことも伝えてくれて上手に作っていきます。

こんなにすてきなリースが出来ましたヾ(≧▽≦)ノ

 

みんなのつくりたい!!もっとやりたい!!!気持ちは私たちがびっくりするほど

小さな指でつまんだりまねっこしてみたり

森の落し物がこんなに素敵に変身しました°˖✧

みんなでこれから冬の制作、クリスマス子どもたちのわくわくが詰まった制作楽しんでいきたいです♡

文責:戸井