保育理念

・子どもの人権を尊重し、常に子どもの立場に立って保育をする。

・大人に見守られながら失敗を繰り返していくことで様々なことを体的していくことで様々なことを体験・経験し、自尊心を     芽生えさせていくようにする。 

・地域に本当に求められる施設、地域になくてはならない存在そして地域に愛され、地域社会に貢献できる施設を目指す。 

・すべての子どもが健やかに成長するために適切な環境を等しく確保されることを目指す。


保育方針

◇情緒の安定した中で基本的な生活の自立を身に付ける。 心身の安全と健康を保ち、基礎的生活習慣の形成を中心にして子どもの気づきや、 やろうとする気持ちを大切に見守る。その中で、遊びを発展させながら自分で考え、自分で行動する喜びを育てる。

 

◇愛着関係の中で自ら環境に関わっていきいろいろなことに興味をもつ。

一人ひとりの子どもの心に寄り添い、それぞれの発達の場面で自分らしさを発揮できるように援助する。

 

◇家庭との連携を密にとり、信頼関係を築いていく。

子供を保護者と共に育てることを基本にして、安定した親子関係が保つことができるように援助する。

一日の流れ